ストレスチェックをすることによるメリット

ストレスチェックは日本では国が企業に従業員がストレス度合いを確認するために、実施することを一部規模が小さい企業を除いて義務付けていますが、実際に利用したことがない人が多いと言われています。

仕事で上司や先輩からの厳しく指導されるなど、嫌なことがあってストレスを感じることがあっても、病気の原因になるほどではないと思っている人も少なくありませんが、ストレスは自覚していないところで蓄積していくので、ストレスチェックをすることで、今自分が抱えている精神的な負荷がどの程度かを知ることができ、適切に対処することが可能です。

ストレスチェックをして仕事などによるイライラを抑えるコツとして、上司や先輩などからの業務上指導の際に、人間性事態を否定するような暴言など言われた場合、どれほど追い込まれているのか確認することができますので、追い込まれていると感じた場合は、会社のハラスメントに関する窓口に相談するのも手です。

ストレスチェックに関する情報満載です。

また、職場でストレスがたまる原因として、仕事量が多い環境で常に仕事が山積みになっていると、たまっている仕事を片づけないといけない気持ちが働いてしまうので、ストレスチェックをしてみて仕事量が多いことがストレスの原因だと判明した場合は、タスクに優先度を設定して着手順序を整理することで、ストレスを軽減することが可能です。

産経ニュースといえばこちらのサイトです。

ストレスチェックをして、自分が自覚していた以上にストレスをためてしまい、イライラしやすいという結果が出た場合は、専門医に相談することで医師のアドバイスや処方された薬などで治療をすることも可能です。